日本平夜市

毎月第4土曜日は、日本平夜市へ

高校生まちづくりスクール特別編に行ってきました 投稿スタッフ:松木季代子

224 views
高校生まちづくりスクール特別編に行ってきました 投稿スタッフ:松木季代子



「高校生×イマ×未来」

先日静岡市が主催する、 高校生まちづくりスクール特別編
「高校生×イマ×未来」という講座のパネリストに行ってきました。

これは、やりたいことの見つけ方のヒントを得たい静岡市内の学生たちが対象のもの。
当日は30名近くの学生が集まってくれました。!!
ちゃんとプロフィールで、「三保の魔女キキ」として紹介していただき、
担当者さんからも

ありのままのキキさんの姿でいいです!今やってることをぜひお話ししてくださいということだったので

ここぞとばかりに魔女と名乗りだしたお話しから、
今やっている「日本平夜市」の話。
そして「チャボん」の話までお話しさせてもらいました。

割と魔女受けは若い人には受けが悪いのだけど(不思議だ。無視しよう)

いつもサーっと流される魔女とホウキの話も進行役の方が関西の方でノリよく興味を持っていただけたおかげで

つかみもバッチリ。笑いがどっかーんでした!(幸せ)

後半は、私が立つだけで笑うという偉業を成し遂げました。w


「自分のやりたいこと」と「自分ができること」と「社会で求められていること」

の、真ん中が見事にフィットした「日本平夜市」の現状をお伝えしつつ。

なぜ今それをやっているのか。

高校時代何を思っていたか。

自分が高校生だったら、大人に聞きたかったこと。
言ってくれたら変わっていたかもしれない言葉を意識的にちりばめて。

実は私は、高校生のとき面談で魔女になりたいと相談して、

運悪く世界史の担任で魔女狩りについてお話され、怖くなって魔女の道を一旦は諦めてます。

走るのが大嫌いなのになぜか陸上部に入り、マネージャー→走高跳び→100m→400mハードル→やり投げ→800m
と、陸上の半分の競技を次から次へと挑戦し、3年間終わっています。

大学の偏差値や内容が載った分厚い本を読むのが好きで、ろくに勉強もせずあれをひたすら読んではどこに行こうか妄想していました。

高校生は進路に悩むです。
私も毎日悩んでいたので気持ちが痛いほどわかる。

お話をしていく中で、みんなの目がキラキラして終わった後も何人も相談に来てくれて、

私の昔や今の経験が、ちょっとでもヒントになってくれていたのかなと思うと、本当に嬉しい。

でももっと深く関わりたい。!!ので、とにかく日本平夜市へおいで。と勧誘してみる。

きます!!!と言ってくれ、ちゃんと終わってからもメールをくれた子もいる。

日本平夜市は本当に関わっている有志のメンバーが個性豊か。

市役所の人もいれば、木こりだって、株トレーダーだって、花屋さんだって、いる。

悩んでいたら、とにかくいろんな人に悩みを話しまくったほうがいい。

親や先生にももちろん相談してると思うけど、

いろんな考え方があるんだよって、知ってほしい。

「相談」じゃなくても、「一緒に行動」することで見えてくるものを感じてほしい。

これから先、夜市メンバーは年齢層がぐっと若くなるかもしれない。

グフフ。楽しみすぎる。

夜市の運営に興味のある人も。夜市自体をまずは楽しみたい人も。

きてみればわかる。かもよ。