日本平夜市

毎月第4土曜日は、日本平夜市へ

テレビの話。地域の宣伝マン、三保の魔女kikiを目指して。投稿:松木キヨコ

466 views




先日、日本平夜市の特集が第一テレビのネクストという番組で放送されました。

地域に密着し、各地域から静岡県全体を盛り上げ、活力溢れた地域社会を応援する番組。

それが《the NEXT ステキなあしたへ》

3分という短い時間の中に、

「日本平夜市」「三保の魔女」「チャボん」「世界ツアー」の単語が次々に出てきて、

さぞかし私や、夜市を知らない人が見たらちんぷんかんぷんだったかもしれない。

けれど多分「楽しそう!!」は伝わっている。ハズだ。

事前に自分のフェイスブックへテレビ放送の話を書いたのだけど、

友人たちから何のアクションもなかったので放送30分前にいろんな人へ総攻撃を仕掛けたところ

ほとんどの友人から「大丈夫。ちゃんと録画予約しているから。」というお返事がきました。笑

はい、基本わたくしの友達は塩対応です。笑

でもちゃんと見ていてくれる。大事。

そして、いろんな方から見たよ!の連絡をもらった中、

知り合いの知り合い。つまり、知らない人からの感想で。

「長男がたまたま見て、『すげー行動力だな。

ワクワクする。自分も何か動かなきゃ♪と思わせるニュース。』ってメールが来たよ」とか。

別の友人からも

「自分たちで自分の地元を楽しく、誰かが何かやりたいと言ったらチャレンジの場にすればいい。

というのがずっとぶれていない芯で、

それを実現させてきた姿を見てきたから一番初めにやったイベントの時よりさらにさらに説得力があったよ。」

と。か。

自分で最近なんとなくこんな方向で生きていけばいいのかな〜っていうのはあったけど、

こういう機会があるたびに、

客観的にこれまでの自分を見直して。

これからの自分を見ることができる。

なので、もしもテレビを見て、この人は行動力があるからできてるけど、自分には無理。

だけど、本当は何かやってみたい。本当はね。

って思う人がいたら、私も一緒だよ。と伝えたい。

私もずっと「何かやりたい」けど、どうやったらいか分からないくて、

これダーーーーーー!!!!って使命がわかったらどんなにいいか悩んでて。

やってみたいことは山ほどあったけど、行動していることはそんなになくて。

そもそもどうやって行動したらいいか、何から始めたらいいのかわからなくて、

いろんな人の活動の話をとにかく聞きに行ったりもしたんだけど、

確かに勉強にはなるんだけど、じゃあ自分は何がしたいの?と考え込む。

なりたい自分の姿はそれはそれはキラキラしていて(妄想家だから)w

今の自分との差が開きすぎていて、勝手にエネルギーを消耗する。

焦る年齢。いつまでも決めきれられない未来にモヤモヤする毎日。

でもやっぱり自分だって何かできるはず。何かしたい!からもがいてた。

それでも少しずつ、自分が今いる場所でできる最大限のことをやればいいのだと気づいてからは、

みるみる目に入る景色が変わった。

こんな未来になったら楽しいな〜のワクワクの妄想を膨らませていたら後押ししてくれる人ができた。

とにかくやってみなよ。と言ってくれ、全力で協力してくれた。

私はその人のことを勝手に師匠と呼び、勝手に会社に入り浸り、

私が会社に行くと、ほとんどの時間二人で妄想会という名のおしゃべりをして過ごしていた。

おしゃべりをしていると、師匠の元へいろんな人が相談しにくるので、なんとなく一緒に横にいたりする。(ちゃっかりね)

だから困っている人。の手を差し伸べる姿を横で勝手に見ていた。

師匠のトークは、それはそれはいつも休み時間がない。

困っている人。は相談しに来ているのに、どんどん自分の話をする(同じ匂いがするw)

いつも笑顔で、どんな時もどーんとしていて(たまにあっやばいってアセアセしたりもするんだけど)

経験とこれまでやってきたことの実績からかご本人もキラキラしていて(頭ではない)

困っている人。は安心して帰っていく。

そしてまた二人で妄想会という名のおしゃべりをする。

学んだことはたくさん。

勝手に学んで、真似て、やってみるのだ。ということを身を持って知る。

師匠のお陰でちょっとずつ自分で自分を認めてあげることができるようになった。

『やりたいこと。』は、『できること。』になって、

『できること。』の中から『社会から求められていること。』がくっつくようになった。

だから、私のターニングポイントは、師匠なのだ。

師匠には常々感謝している。今では会社の代表取締役だ。

ベースは自分らしく、自分のペースで相手を巻き込む。

だけど、経験もやり方もわからない人が、なんかできる気がする。って力を与えてくれる存在。

そんな社長は今年で64歳の誕生日を迎えた。(オメデトウゴザイマスー!!)

追いつき追い越せ。なのだ。!!!

そして話は元に戻る。

テレビを見て、知らない人からのメッセージがホントにどんぴしゃりで、

今回の取材を通して、なんとなくこんな方向でいけばいいのかな〜とふんわり思ってきたことが固まってきた。でゴワス!

『チャレンジし続ける人になろう。

そしてそれを見た人が、自分もちょっと何かやってみたいかも!キラキラ〜〜〜♪

の、キラキラ〜〜〜♪をひきだすすこと。それが自分にできること』かな。ってオモイマス。

テレビを見ていない人のためにここに動画を張れないのが残念。

それにしても3分じゃとても足りない!よね!!!???

「情熱大陸」は30分。うん、やぱりこのくらいは欲しい。笑

チャレンジし続けていればちょっとずつ、情熱大陸が近づいてくる。ハズ。

そしたらもっとたくさんの人が、何かやってみようかな。キラキラ〜〜〜♪になってくれる。

お話し来ないかな、まだかなまだかな。ドキドキ。

なんて、勝手に妄想しております。

最後にナレーションの方が言っていてくれた、

『地域の宣伝マン、三保の魔女kikiは、笑顔の魔法を振りまいていく。』

をこれからも続けていきたいと思いマス!!!

テレビ局へ猛プッシュしてくれたまさしくんありがとう。

夜市の仲間たち。出店者のみなさま。来場者のみなさま。これから出会うみなさま。

ワクワクドキドキの楽しい場所をこれからも一緒に創っていきましょうね〜〜〜〜〜!

テレビの話ときどき師匠への誕生日おめでとうメッセージ。

笑顔の魔法を振りまく三保の魔女kikiこと、世界ツアーを目指すチャボんこと、松木キヨコでした。