日本平夜市

毎月第4土曜日は、日本平夜市へ

来れるときに来る 投稿:松木キヨコ

554 views



昨日の日本平夜市も無事終了。

毎月やっていると顔見知りの人も多くなってくる。

俗に言う常連さん。

1月に豆まきをやった時に出会った少年に鬼の帽子をかぶせ「赤鬼」と「青鬼」とあだ名をつけ

チャボんのステージでもずっとマラカスを叩いてくれたり、歌ったり、最後は踊ったり。

ひたすらからみまくり、半分照れて、半分喜ぶ姿をママさんはひたすら動画?写真?を撮っているという

記憶に残る来場者さん。

実はこの時、夜市で初の携帯の落し物があり、夜市の片付け中に見つかったため持ち主不明。

警察に届出ようか悩んでいたら、電話がかかってきたのできっとご本人だと思って出てみる。

30分くらいで着くから取りに行く!とのことで待っているも

電池がのこり10%くらいしかなく、落ち合えるかドキドキ、、、

急いで取りに来たのは、まさかの「赤鬼あっくん」のママ。

よかった~~~!と喜びつつ、電池のこりわずかでドキドキしてたことを伝えると、

そう、動画撮りすぎて、電池がやばかった!!とのこと。

ええ、確かにズーーーーット動画ってましたもんね、って大笑い。

何はともあれ、よかったよかった。また来月もぜひ。とお別れしていたのだが、

今月の夜市にも来てくれていた。

しかも、前回より友達を大勢連れて。!!!(写真はたまたま今月の企画でサイン当たった青鬼くんの方)

きっと、面白かったぜ。またあるらしいから一緒に行こうぜ。って連れてきてくれたのかな?

そして、今月もチャボんと一緒にステージでマラカスを振ったのである。

そうやって「楽しい」の輪は広がってゆくのかな。

そうやって、少しずつ少しずつ、常連客が増え、来場者が増えていく夜市。

そんな夜市の運営で大事にしていること。

それは「楽しい」の輪の始まりは、夜市スタッフから。

だからまずは夜市の空間を創るスタッフが楽しむ。

それが、出店者さんや来場者さんに伝染していくと思っているので、スタッフは「来れるときに来る」がモットー。

夜市は地元の若手有志が運営していて、普段はほとんどがバラバラの仕事をしている。(学生もいるyo)

自分の仕事の一環でもなければ、日本平に関係する仕事でもない。

自分の貴重な休みの日を使ってやっているのだ。

だから強制はしない。したくない。し、そもそもできない。!!

これが一年に1回の大きなイベントだったらまだ踏ん張って、頑張って、ムンッってやれると思うのだが、

毎月って結構ハードよね。笑

そんなことを頭においてやっているので、

夜市スタッフは総勢30人以上のメンバーがいるが、実際毎月何人来るかわからない。笑

今回は、友達連れて遊びに行くよ~って時もあれば、

今回は、出店するよ~~~って出店者になる人もいる。

うん、あれだね・・・自由だ。

えっそんなことでいいの?回るの???

うん。

時には本当に今月やばいかも!!!って思う時もあり、ごめん!お願い!仕事休んで来て!!

って半分冗談、半分本気で頼む時もあります。笑

でもそんな感じで今のところ1年以上これで回っている。

今は日本平観光組合の若手メンバーも入って一緒にやっているためかなり助かっていたり、

前回ちょろっとお話ししたコアメンバーたちはこの日以外にも動いていて

人によっては楽しさの他に、責任だったり、言ったからにはだったり、あーやらねばだったり、笑

諸々あるとは思うのだが、優先順位を上げて夜市を一緒に創っている。

そんな「来たい時に来る」の夜市スタッフ。

今月の人数は、ダダダダダダっだダダダダダダだん!!!

総勢13名でお送りしました。

・・・・・うん、多いよね。笑!!!

いつも5人とか8人とかなのに。。。!!!笑

13人って!!!

しかも時間も自由だからイッチバンバタバタする12時から14時の間はいない。

(あっいつもの人数はいましたよ)

でも今月は初の企画『日本平で宝探しゲーム』の受付もあったりしたのでたくさんいてくれてよかった。ね。

夜市はスタートしたらいつもスタッフ暇だもん。ね。笑

(いやあ、それにしてもすごい人気だった)

が、ゲームの企画は大人気で!!早々に終わってしまし、またもや暇。

で、何してるのかというと、おしゃべりしてるの。

スタッフ同士、久しぶり、最近どう?なんて、半年ぶりくらいに会うメンバー同士近況報告とかしちゃったりする。

カフェでするような話を夜市でスタッフしながらやれるのって、結構有意義な時間なんじゃないかな。

久々に来てくれたメンバーにありがとうメールをすると、「行けてよかったよ♪また会いに行くね」って言ってくれる。

地域づくりって結果的に。な話であって、

楽しいからやる。行くと楽しい仲間たちに会えるから行く。

で、行ったら、自分がやれることをする。

それが、実は、地域づくりのお手伝いになっていて、ご本人は特に何の気もなくやっちゃってる。

そんなメンバーたちが特に肩の力入れずにやっている空間だからこそ、

 夜市の雰囲気っていい!!!って言われる場所になっているのかなと。

夜市はこの空間を大事にしたい。

だからスタッフは「来れるときに来る」それでいいのです。それがいいのです。

 

今日は運営側のそのまた中で大事にしていること。のお話でした。